【4/14進行中】那覇市T様邸 グリーンカフェの家

好きな色を取り入れたカフェスタイルの住まい

変わらない好きな色はありますか?
家を建てるなら好きな色をポイントに造る、決してブレません。
ブレないからこそのまとまり感。
外観はシンプルに、アクセントはグリーンの配管。
木らしさを玄関とウッドデッキで。
出かける時も、帰ってくる時も見える外観が何よりの楽しみです。

ご契約までのお打合せ
HPからお問合せ頂き、住まいづくりセミナーへご参加頂きました。
長年思い描く住まい図にワクワク感が伝わります。
ご要望をヒアリングしていくとキーワードが
「グリーン」「カフェ」「アート」「お料理」とでてきました。
何やら楽しい雰囲気満載です。
そして、ご要望とご予算を把握し、 敷地の現状、建築上の問題点を確認します。

閑静な住宅地、新しい建物と古い建物が混在する興味深い街です。
お話しに伺っていたとおり、南側の敷地半分は斜面。

シークワーサーとカニステルの木が伸び伸び成長しています。

擁壁を造り土地を広げるという選択もありますが、
擁壁の金額だけでもかなりの額に。
予算内に収める方法を検証します。

これまで思い描いたプランを見せて頂きました。
ご家族やご友人が集まって、楽しい時間を過ごしたいという
ご要望が最優先になっています。

限られた敷地にご予算で実現できる坪数を出し、
そこから更に優先順位をつけていきます。

建物の大きさ、配置が決まると地盤調査を行います。
傾斜地なので、どこまで基礎を造るか、データをとります。
機械設置に初のユニック登場です。

地盤調査の結果、今回は擁壁と基礎一体で建物を造ります。
木造だからこそ、地盤に負荷がかかりにくいメリットを活かします。

家具調査、ご自宅お伺いして暮らしのヒアリング、
設備ショールームへ、暮らしのカタチづくりを行います。
プランと模型、3Dで暮らしをイメージ頂きます。

南側にテラス、ウッドデッキでぐるっと回れるように。
キッチンから全体が見渡せます。
一段下がったリビングは、ご友人を招いての
ホームパーティー時に活躍します。

2階にお風呂とランドリースペースがあるので、バルコニーを設けました。
南に面して日当たりよくなります。

極小地、斜面、北側道路といった課題をお客様と一緒に乗り越え、
ご契約です!

年明けての確認申請もクリアし、いよいよ地鎮祭を待ちます。

2019/3/10
昨日まで大雨、降りそうで降らない曇り空の地鎮祭。
お施主様の日ごろの行いのお蔭です。

着工に向けて、敷地内にあったカニステルの木も、
壁のつたも綺麗にされていました。ありがとうございます!

住職のお話しも皆さん真剣に聴かれ、真剣に答えてました。さすがです!

地鎮祭終わってからの会食も、ご家族・ご親戚の方々との会話は盛り上がり、
お子さんとトランプしたり、すごろくしたりと
楽しい時間を過ごすことができました。

基礎・擁壁工事からのスタートとなりますので、
慎重に工事も進めていきます。

2019/4/5
地鎮祭からまもなく1ケ月。
着工目前にして、課題が立ちはだかります。
やはり傾斜部分の地盤です。
そこで、コンクリート住宅で使う地盤調査機械で地質を調べます。

前回の2倍ほどの大きさの機械。

杭を入れては叩き、引っ張り出しては土を確認。

何回か繰り返していくうちに、土質が変わってきました。

濃いグレーをした土「クチャ」です。
沖縄中南部独特の土、粘土質ですが、乾いている状態ではとても固い。
水を吸い込まないため、クチャの多い所には水脈が多いそうで。
など、職人さんから色々と教えて頂きました。
「4万年前の土」と言われると何だかドキドキします。
地盤の地耐力、地質データの結果を分析し、工事を進めていきます。
もうひと踏ん張りです。

2019/4/14
内部仕様もいよいよラストスパート。
壁紙お打合せにシンコールへ。

1階はダイニング・キッチンの壁一面レンガ仕上げにするのでシンプルに。
トイレや水廻りを遊び心あるクロスを選定です。

どんな風に仕上がるのか楽しみです!
地盤調査のデータ結果を待ち、着工準備を進めます。
もうひと踏ん張りです!

2周年のお花も頂き、ありがとうございます!
梅雨空にも映える紫陽花、事務所前も紫陽花畑にしたいと願望が募ります。
新築時におすそ分けできるぐらい、育てていきたいと思います。